読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓

熊本市現代美術館ギャラリーⅢで開催された「丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓」展のブログです。(2016年7月16日~9月11日)本展は、天草の若手陶芸家・丸尾三兄弟(金澤佑哉・宏紀・尚宜)が、参加者に1人1枚器をさしあげるかわりに、その人の食卓の写真を撮って送ってもらい、ギャラリー内に展示するというアートプロジェクト型の展覧会です。本ブログでは、参加者から送られてきた「食卓の写真」をすべてご紹介しています。

助成について

f:id:maruonosyokutaku:20160823204107j:plain

f:id:maruonosyokutaku:20160823204115j:plain

本展は、日本財団及び、企業メセナ協議会GBファンド熊本・大分より助成をいただきました。

 

展覧会が無事終了しました

2016年7月16日(土)にスタートした「丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓」展も、9月11日をもって無事、会期が終了いたしました。最終日には、三兄弟から器のサプライズ配布もあり、もう少し写真は増えそうですが、無事に50日間の会期を終了することができました。会期中、約500枚の器を配布し、約300枚の「食卓の写真」が美術館に送ってこられて、展示され、11845人の方にご覧いただきました。

地震のこと、家族のこと、毎日のおかずや、何気ない日常のこと。その食卓の向こうに、それぞれの生活が透けて見えてくるようで、「お腹が減ってきた」「励まされた」など、様々な感想をいただきました。熊本地震後、まだまだ取り組んでいく課題は多いですが、「気に入った器で、美味しいものをたべて、明日もがんばろう」という皆さんの思いに、少しでも寄り添えたとすれば、非常に幸いです。

f:id:maruonosyokutaku:20160912152529j:plain

artscape2016年10月15日号に本展について学芸員が執筆しました。

artscape.jp

10月4日(火)熊本日日新聞朝刊に本展について執筆いただきました。

f:id:maruonosyokutaku:20161019194739j:plain

308

 

 

f:id:maruonosyokutaku:20160930182443j:plain

丸尾焼を知ったのは十数年になります。知人に頂いたのがきっかけでした。シンプルだけども、しっかりとした存在感があり、とても気に入りました。
それから天草に行った際にはギャラリーに立ち寄り、コーヒーを頂いてお皿を一つ買って帰るようになり、けっこうな数のお皿になりました。

f:id:maruonosyokutaku:20160930182448j:plain

この写真を撮った日はゆっくりとした日曜日の夜の食卓です。
お皿はギャラリーを出て大活躍してますよ。
これからも家族みんなで大事に使わせて頂きます。
熊本市在住

f:id:maruonosyokutaku:20160930182453j:plain

307

f:id:maruonosyokutaku:20160921192053j:plain

熊本市在住。メニューは、鶏チリ、なすの煮浸し、いわしのお刺身、お味噌汁。そして頂いた丸尾焼のお茶碗でいただきまーす❤

306

f:id:maruonosyokutaku:20160919174500j:plain

熊本を襲った2度の大地震で、我が家も被害をうけ、大切にしていた器もほとんど失いました。そんな時、○oの食卓 のことを知り、そしてこの器に出会いました。
<献立>ごはん(納豆、とろろ)、和風ロールキャベツ、サラダ、ゴーヤの酢の物、きのこのかき揚げ

f:id:maruonosyokutaku:20160919174544j:plain

きちんと料理ができる、家族で食事ができる、それまで当たり前だと思っていたことは、当たり前ではありませんでした。
毎日の普通の食事は、当たり前ではなく、とても幸せなことでした。
そんな幸せを感じながらこの器をこれからも大切に使っていきたいです。

<献立>十六穀ごはん、肉じゃが、茹でキャベツの醤油麹、なすと豆腐のお味噌汁、温泉玉子