読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓

熊本市現代美術館ギャラリーⅢで開催された「丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓」展のブログです。(2016年7月16日~9月11日)本展は、天草の若手陶芸家・丸尾三兄弟(金澤佑哉・宏紀・尚宜)が、参加者に1人1枚器をさしあげるかわりに、その人の食卓の写真を撮って送ってもらい、ギャラリー内に展示するというアートプロジェクト型の展覧会です。本ブログでは、参加者から送られてきた「食卓の写真」をすべてご紹介しています。

156

f:id:maruonosyokutaku:20160822174357j:plain

熊本城の近くに住んでおり、食器集めが趣味でしたが、お気に入りはほぼ失いました。

頂いたお皿は、夏らしいものをのせたい、枝豆をのせたいと持ち帰りました。

ところが、近所の八百屋で枝豆がなかなか安くならないので、のびのびになっておりました。そこで自宅に実った胡瓜をのせたところ、山盛りにしたので、野蛮だということになり、胡麻鯖になりました。ミニトマトは道の駅、紫蘇はうちの庭のものです。

汁気のあるもの、量が少ないものもいい感じにキマるので、おろしてから、気付くとよく手が伸びます。

いいものをありがとうございました。