読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓

熊本市現代美術館ギャラリーⅢで開催された「丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓」展のブログです。(2016年7月16日~9月11日)本展は、天草の若手陶芸家・丸尾三兄弟(金澤佑哉・宏紀・尚宜)が、参加者に1人1枚器をさしあげるかわりに、その人の食卓の写真を撮って送ってもらい、ギャラリー内に展示するというアートプロジェクト型の展覧会です。本ブログでは、参加者から送られてきた「食卓の写真」をすべてご紹介しています。

展覧会フライヤー完成

f:id:maruonosyokutaku:20160823192700j:plain

「丸尾三兄弟 〇〇(マルオ)の食卓」展のフライヤーが完成しました。題字は、丸尾三兄弟ともゆかりの深い、アーティストの日比野克彦さんに書いていただきました。タイトルの「〇〇」は、丸尾焼の「〇(マル)О(オー)」、また、展覧会に参加する誰かの名前を示す「〇〇」、そして「∞(無限大)」の意味が込められています。

また、表の写真は、丸尾三兄弟とそのファミリーです。右から長男・佑哉、次男・宏紀、三男・尚宜。好きな器を使って、好きな人たちと、楽しく美味しく食卓を囲める日が、早く戻ってきますように、とそんな願いが込められた写真です。