読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓

熊本市現代美術館ギャラリーⅢで開催された「丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓」展のブログです。(2016年7月16日~9月11日)本展は、天草の若手陶芸家・丸尾三兄弟(金澤佑哉・宏紀・尚宜)が、参加者に1人1枚器をさしあげるかわりに、その人の食卓の写真を撮って送ってもらい、ギャラリー内に展示するというアートプロジェクト型の展覧会です。本ブログでは、参加者から送られてきた「食卓の写真」をすべてご紹介しています。

展覧会について

展覧会が無事終了しました

2016年7月16日(土)にスタートした「丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓」展も、9月11日をもって無事、会期が終了いたしました。最終日には、三兄弟から器のサプライズ配布もあり、もう少し写真は増えそうですが、無事に50日間の会期を終了することができまし…

展覧会フライヤー完成

「丸尾三兄弟 〇〇(マルオ)の食卓」展のフライヤーが完成しました。題字は、丸尾三兄弟ともゆかりの深い、アーティストの日比野克彦さんに書いていただきました。タイトルの「〇〇」は、丸尾焼の「〇(マル)О(オー)」、また、展覧会に参加する誰かの名…

丸尾三兄弟からのメッセージ

丸尾三兄弟の展覧会に寄せたメッセージです。肩肘張らない、彼らなりの、等身大の‘支援’のイメージが伝わってくるようです。 〇○の食卓 いつもどこかの誰かの食卓の為に器を作っている。 ショップで若しくは展示会で実際に使ってくれる方々とお会いすること…

天草の窯元からできる支援

熊本地震の本震の3日後、天草の窯元・丸尾焼の丸尾三兄弟から、お見舞いの電話がかかってきました。天草は幸い被害が少なかったこと。また、地震後、熊本市内の被害を見てまわって、何か自分たちに出来ることはないか考えたこと。それを7月に控えた熊本市現…